20代後半から、気になる肌悩み

 

エイジングに対して気になる悩みは、シミやしわだそうです。

他にも毛穴や乾燥などもありますが、ダントツこの3つが群を抜いています。

もっともエイジングケアをしたい肌悩みも、シミやシワ・たるみだそうです。

やはり、見た目年齢的に老け顔にしてしまいますので、この3つはどうにかしたい!と思われる方が大半のようです。

そんなエイジングが気になるのに、エイジングケアをしている人は、全体の半分ほどしか居ないようです。

エイジングが出てからケアをしていく人が、大半のようです。

そして、40代中盤を過ぎると、諦めてしまう方も出てくるそうです。

エイジングに対抗する為には、ぬかりないスキンケアが大事となります。

しているとしていないとでは、将来の肌に物凄い差が出てしまいます。

エイジングは何歳から始めるべき?

まだ私は若いし~と思っていると、みるみるうちに肌ダメージを与えて、エイジングになってしまいます。

肌の衰えは、20代から始まっています。

お肌の曲がり角が25歳とか27歳と言われていますが、もうその頃には確実に始まっています。

自分で気が付くのが、30代寸前~30代になってからのようです。

何歳から使えばいいのかという具体的な定義は、人それぞれと言えます。

しかし、自分の肌に弱さを感じてきた時が、エイジングを考えなければならない年齢と言えるでしょう。

1番メジャーなケアは、抗酸化対策

活性酸素を除去する事で、肌に与えてしまうエイジングを減らす事が出来ます

紫外線は活性酸素を作り上げてしまいますので、難敵です。

UVケアや美白ケアをし、活性酸素に負けない肌になりましょう。

成分としてオススメなのが、フラーレンや・セラミドという成分です。

フラーレンは持続性が高く、ビタミンCのなんと172倍の抗酸化力を持っている、エイジングにとって頼りになる優れものです。

フラーレン配合のスキンケアは、沢山ありますので、調べてみると良いでしょう。

エイジングの働きをしてくれる、頼もしい成分達

抗酸化以外でエイジングしてくれる成分は、他にも沢山あります。

アルジルリンは、抗シワ成分と言われており、エイジングのシワ抑制に役立ってくれます。

塗るだけでボトックス効果があるなど、エイジングの肌悩みには嬉しい成分といえます。

ハイドロキノンは、美白成分としてとても優秀。

シミやクスミ等を改善に役立ってくれると言われています。

保湿力がとても高い事で有名なリピジュアは、水洗い1時間後でも高い保湿力を保つ事が出来る、エイジングにとって頼りになる成分です。

大変高保湿なので、エイジングの悩みに大いに役立ってくれます。

その保湿力は、ヒアルロン酸の約2倍と言われています。